上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告||TOP↑
墜落現場

事故翌日8月13日の朝、墜落現場に到着した自衛隊・地元消防団・警察等が目にしたものは凄まじい惨状だった。焼け焦げた樹木、墜落の衝撃で露出した山肌、バラバラになり原型を想像することも出来ない機体の残骸。そしておびただしい犠牲者の遺体。救難活動は凄惨を極めた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
救難活動が始まっておよそ2時間・事故からおよそ16時間後の13日10時54分、機体後部が滑落したスゲノ沢第3支流で最初の生存者が発見された。その後11時05分までの間に3名の生存者が至近距離の場所で発見される。

生存者発見場所生存者発見場所
△…落合由美さん  □…川上慶子さん  ○…吉崎博子さん・美紀子さん親子

12時30分に日赤の医師・看護婦がヘリで現場に到着し、生存者4名の応急処置を始める。

応急手当中の吉崎美紀子さん
応急手当中の吉崎美紀子さん

遺体収容に先立って生存者4名は、陸上自衛隊の輸送ヘリコプターV-107によって現場から救出・搬送された。この際の、上空でホバリング中の機体への生存者の収容作業は、救出活動を象徴する映像となった。

川上慶子さん救出
川上慶子さん救出

しかしその後、生存者が発見される事は無く520人(521人)の死亡が確定。次に待っていた遺体搬出作業は、過酷などと言う言葉では表されないほどの辛い作業となる。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
墜落現場

墜落時の猛烈な衝撃と火災によって、犠牲者の遺体の大半は離断・挫砕・炭化など、激しく損傷していた。火災によって炭化した遺体、機体から投げ出され離断し樹木に突き刺さった体の一部、機体の残骸に挟まれたり切断された体の一部、落下の猛烈な衝撃で地中深くに埋もれた体の一部、圧力によって2名の体が一つにめり込むように合体したような部位などが収容される。手だけ・足だけ・頭だけ・胴体だけ、それが当たり前と言う凄まじい惨状だった。遺体の部位によっては、中身が飛び出し皮だけになった部位や、挫砕され完全に識別困難となった部位、墜落時の猛烈な摩擦で完全に消失した部位もあった。

墜落現場

また8月の盛夏であったこともあり、遺体の腐敗の進行も早かった。現場一帯には時間が経つにつれ猛烈な死臭が漂い始める。

墜落現場

墜落現場は深い山中にあり規制線など張られる訳でもない為、事故当初は場所さえわかれば誰でも現場に入る事が出来た。その為、報道機関や週刊誌のカメラマン等が続々と現場に入ってくるようになる。自衛隊や地元消防団等の必死の救難活動の横で、ちぎれた手足や炭化した遺体を撮影して回る週刊誌のカメラマン達がいた。

墜落現場

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
当時の週刊誌はそれらの写真を無修正で掲載した。ネットで検索すれば、今でもその当時掲載されていた写真を見る事が出来る。しかし、それらの写真はこの事故の悲惨さを知る上では貴重な物なのかも知れないが、亡くなられた方々の事を考えると見るに耐えない。ここではそれらの写真の所在等は公表していない。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
墜落現場

遺体の搬出作業はヘリコプターで行われる事が決定し、13日午後から仮設ヘリポートの設営が墜落現場で自衛隊によって行われた。作業は夜を徹して行われ翌14日の朝に仮設ヘリポートが完成した。

墜落現場

遺体は現場でビニールシートに包まれ、更にその上から毛布に包まれヘリコプターで群馬県藤岡市の藤岡市立第一小学校の校庭に搬送されて、そこで棺に納められ検死場である藤岡市民体育館にワゴン車で運ばれた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
現場での遺体収容作業は8月27日をもって事実上の終了となる。群馬県警の発表によると、墜落後15日間で現場から収容された完全遺体は492体・離断遺体は1109体であった。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ここで言う『完全遺体』とは、頭や手足がまともに胴体についている遺体と言う意味ではない。頭蓋骨や顎骨など首より上の一部と、胴体の一部が少しでもつながって発見された遺体はすべて完全遺体に数えられている。群馬県警の判断で、完全遺体の通し番号は492でストップされた。それほど遺体の損傷は激しかった。5体が揃い離断した部位もないきれいな遺体は、完全遺体492体中177体であった。

『離断遺体』とは頭部が無い遺体が前提となる。手や脚や足首や内臓などの体の部位だけで収容された遺体の事を指す。さらに収容された離断遺体が複数名の合体・混合状態と認められた場合、レントゲン撮影の後『分離遺体』として扱われた。さらには一体と思われていた遺体の中から別の遺体が発見される事があり(割れた頭部の中から別人の顎が出てきた等)、棺の中の遺体は必ずしも一体ではなく、二体の場合もあり得ることが解った。見つかった別の遺体は新しい棺に入れられ、『移棺遺体』として扱われることになった。藤岡市民体育館での検死の結果、完全遺体・離断遺体・分離遺体・移棺遺体全ての合計は2065体となる。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
遺体収容作業にあたった自衛隊員や消防団員の中には、凄惨な墜落現場での体験からPTSD(心的外傷後ストレス障害)にかかり、中にはごく最近まで治療を受けていた人もいる。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト
凄惨を極めた救難活動||TOP↑
Category
Links


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。