FC2ブログ
        messagesjalguidefamaug11.jpg

自らの最期を悟った人。職務を全うしようとした人。最悪の結果が迫る中、極限の状況下でペンを取った人達がいた。
残された者へ宛てた最後のメッセージ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

河口博次さん(52)

兵庫県芦屋市。大阪商船三井船舶神戸支店長。神奈川県の自宅から単身赴任先の神戸の戻る為123便に搭乗し、事故に遭った。遺体の上着の胸ポケットに入っていた手帳に7ページにわたって綴られている。

河口博次さん遺書1

マリコ
津慶
知代子
どうか仲良くがんばって
ママをたすけて下さい

パパは本当に残念だ
きっと助かるまい
原因は分らない
今5分たった

もう飛行機には乗りたくない
どうか神様たすけて下さい
きのうみんなと食事をしたのは最后とは
何か機内で爆発したような形で
煙が出て

降下しだした
どこえどうなるのか
津慶しっかりたんだぞ (原文ママ)

ママ こんな事になるとは残念だ
さようなら
子供達の事をよろしくたのむ
今6時半だ
飛行機はまわりながら急速に降下中だ
本当に今迄は幸せな人生だったと感謝している

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

谷口正勝さん(40)

大阪府箕面市。チッソ株式会社ポリプロ繊維部主任。急逝した上司の葬儀に出席するため急遽上京し、その帰りに事故に遭った。機内に備え付けの汚物入れの紙袋にシャープペンで短く綴られていた。その袋の中には本人の運転免許証が入れてあった。

谷口博勝さん遺書2

まち子
子供よろしく
大阪 みのお
谷口正勝
6゜30

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

松本圭市さん(29)

埼玉県狭山市。阪急電鉄社員。自身の淡いブルーの中型ノートにボールペンで綴られている。遺品であるボストンバッグの中から見つかった。

松本圭市さん遺書1

PM6:30
知子 哲也(両親を)をたのむ 圭市
突然 ドカンといってマスクがおりた

ドカンといて降下はじめる (原文ママ)
しっかり生きろ

哲也 立派になれ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

村上良平さん(43)

千葉県柏市。富士電機サービス課。会社のA4判の封筒両面に黒と青のボールペンで綴られている。

村上良平さん遺書
※写真は遺書の一部

機体が大きく左右にゆれている
18・30 急に降下中
水平ヒコーしている
-日本航空- 18・00大阪行事故
死ぬかもしれない 村上良平
みんな元気でくらして下さい。さようなら
須美子 みき 恭子 賢太郎

18・45 機体は水平で安定して
酸素が少ない気分が悪るい
機内よりがんばろうの声がする
機体がどうなったかのかわからない
18・46 着陸が心配だ
スチュワーデスは冷せいだ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

白井まり子さん(26)

大阪府豊中市。日本航空大阪支店。フライト時刻表の余白に綴られていた。

白井まり子さん遺書

ご家族の名前

恐い
恐い
恐い
助けて

死にたくない
気もちも悪い

まり子

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

吉村一男さん(43)

横浜市金沢区。日建設計社員。上司と一緒に出張中に事故機に搭乗した。社用の便せんらしい紙にボールペンで走り書きされており、勤務する会社の茶封筒の中に入っていた。

吉田一男さん遺書1

しっかり生きてくれ。(二人の子供を)よろしく頼む

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

岡田光雄さん(51)

兵庫県尼崎市。会社員。取引先の葬儀に参列後、事故機に搭乗した。葬儀の際受け取った会葬御礼の封筒に綴られていた。

岡田光雄さん遺書

岡田光雄から

紀子、益之、光紀、ゆう子

元気でね

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

対馬祐三子さん(29)

東京都目黒区。日本航空アシスタントパーサー。最後尾E1で機内アナウンスを担当していた。遺書ではないが、機内で書いた不時着を想定したアナウンスの内容が書かれたメモ帳が発見されている。

対馬佑三子さんメモ

おちついて下さい

ベルトをはずし
身のまわりを用意して下さい
荷物は持たない

指示に従って下さい
 ↓
PAX(乗客)への第一声
各DOORの使用可否
機外の火災C´K(チェック)
CREW(乗員)間C´K
 ↓
座席ベルトを外して
ハイヒール
荷物は持たないで

前の人2列
ジャンプして
機体から離れて下さい

ハイヒールを脱いで下さい
荷物・物を持たないで下さい
年寄りや体の不自由な人に手を貸し

火災
姿勢を低くしてタオルで口と鼻を覆って下さい
前の人に続いてあっちへ移動して下さい

※英文を除く

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト



遺書 -最後のメッセージ-||TOP↑
Category
Links