上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告||TOP↑
123便には運航乗務員3人・客室乗務員12人、あわせて15人の乗組員が乗っていた。運航乗務員は暴走を始めた70メートルもある巨大な機体と戦い、客室乗務員は最後まで冷静に乗客の対処にあたった。極限状態の中、墜落寸前まで123便を支え続けた15名の乗務員を紹介する。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運行乗務員

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
機 長 高濱 雅己(49歳)

昭和11年1月2日生まれ
宮崎県延岡市出身 当時千葉県在住
京都市内の高校を中退後、海上自衛隊に入隊。その後、富士航空・日本国内航空を経て日本航空へ入社。

高濱機長

(日航入社)
  昭和41年12月1日

(定期運送用操縦士技能証明書 第1125号)
  昭和44年7月4日取得
(限定事項 ボーイング式747型)
  昭和50年7月1日取得
  陸上単発・陸上多発・YS-11・B-727・DC-8

(副操縦士に左席で操縦を行わせ得る機長の認定)
  昭和52年6月16日取得

(第1種航空身体検査証明書)
  第12810242号
(有効期限)
  昭和61年1月18日

(総飛行時間)
  12,423時間41分
(同型式機飛行時間)
  4,842時間22分

母親を小学生の時に亡くし、父親も蒸発するなど家庭環境は複雑だった様である。自衛隊に入隊後は姉弟とも音信不通になっていたそうだ。姉弟達は123便墜落のニュースを見て長い間音信不通だった彼の死を知ったと言う。

言葉の粗暴さや副操縦士に対して叱責・罵倒する場面もあり、事故当時は非難の声も上がっていたが、今まで誰も経験した事の無い異常事態の中で、機の全責任を負う立場としてどれほどまでに懸命になっていたかを考えてほしい。CVRは高濱機長の悲痛な叫び声の後、2回の衝突音で終わっている。

高濱機長は九州出身と言う事もあり、東日本の人には解かりづらい独特の『なまり』があったため、公表されたCVRは誤った解読がされている部分があるのではないかと言う指摘がある。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
副操縦士 佐々木 祐(39歳)

昭和21年生まれ
当時千葉県在住

佐々木副操縦士

(日航入社)
  昭和45年4月18日

(定期運送用操縦士技能証明書 第2834号)
  昭和59年6月20日取得
(限定事項 ボーイング式747型)
  昭和54年5月23日取得
  陸上単発・陸上多発・DC-8

(レフトシート副操縦士の認定)
  昭和59年6月4日取得

(第1種航空身体検査証明書)
  第12553779号
(有効期限)
  昭和60年11月11日

(総飛行時間)
  3,963時間34分
(同型式機飛行時間)
  2,665時間30分

123便を実際に操縦していたのは、この佐々木副操縦士である。昇格試験で機長席に座った彼は、押しても引いても反応しない操縦桿を最後まで握り続けた。まともに操縦できない事がわかっていながらも操縦桿を握り続けなければならない重圧が彼にはあったのだろう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
航空機関士 福田 博(46歳)

昭和14年生まれ
当時千葉県在住
甲府工業高校を卒業後、日本航空入社

福田航空機関士

(日航入社)
  昭和32年4月1日

(航空機関士技能証明書 第266号)
  昭和40年9月8日取得
(限定事項 ボーイング式747型)
  昭和47年11月7日取得
  DC-6・B-727・DC-8

(レフトシート副操縦士の認定)
  昭和59年6月4日取得

(第2種航空身体検査証明書)
  第22552133号
(有効期限)
  昭和60年11月13日

(総飛行時間)
  9,831時間03分
(同型式機飛行時間)
  3,846時間31分

音声を聞く限りでは、福田航空機関士が一番冷静だったのかもしれない。機体の破損状況確認から酸素マスク着用の催促・ギアダウン・フラップ操作の提案等、その時々に応じて必要な事柄はほとんど彼が率先して行っている。

福田航空機関士も高濱機長と同じく『なまり』(独特の言い回しと言った方が正しいかもしれない)が強かったためか、CVR解析結果に疑問を持たれている部分がある。




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

客室乗務員

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
客室乗務員座席位置

乗務員 座席表

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
チーフパーサー 波多野 純(39歳)

波多野チーフパーサー

(日航入社)
  昭和44年10月18日
(総飛行時間)
  10,225時間33分
(最近の救難訓練)
  昭和59年12月6日

客室乗務員をまとめ上げた波多野チーフパーサー。アシスタントパーサー・スチュワーデス全員が冷静に対処がとれたのも彼の統率力によるものではなかろうか。

CVRには乗務員への指示・乗客へのアナウンス等の声が残されている。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アシスタントパーサー 木原 幸代(30歳)

木原幸代AP

(日航入社)
  昭和49年1月22日
(総飛行時間)
  5,704時間55分
(最近の救難訓練)
  昭和60年6月25日

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アシスタントパーサー 赤田 眞理子(31歳)

赤田眞理子AP

(日航入社)
  昭和50年1月17日
(総飛行時間)
  4,815時間43分
(最近の救難訓練)
  昭和60年6月25日

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アシスタントパーサー 藤田 香(28歳)

藤田香AP

(日航入社)
  昭和52年9月1日
(総飛行時間)
  4,432時間13分
(最近の救難訓練)
  昭和60年6月25日

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アシスタントパーサー 宮道 令子(30歳)

宮道令子AP

(日航入社)
  昭和52年12月1日
(総飛行時間)
  3,161時間23分
(最近の救難訓練)
  昭和60年6月25日

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アシスタントパーサー 対馬 祐三子(29歳)

対馬祐三子AP

(日航入社)
  昭和53年1月5日
(総飛行時間)
  4,227時間13分
(最近の救難訓練)
  昭和59年7月4日

対馬さんは最後尾で機内アナウンスを担当している。CVRに残されたアナウンスの声は対馬さんか最後尾右側担当の大野さんの声と思われる。
事故後、対馬さんが機内で書いた、不時着を想定したアナウンスの内容が書かれたメモが発見された。最後の最後まで我が身を省みず乗客の安全を最優先した彼女の気持ちを考えると、心が痛む。


対馬祐三子さんのメモ

対馬さんメモ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アシスタントパーサー 吉田 雅代(27歳)

吉田雅代AP

(日航入社)
  昭和53年1月5日
(総飛行時間)
  4,165時間54分
(最近の救難訓練)
  昭和60年1月9日

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アシスタントパーサー 海老名 光代(28歳)

海老名光代AP

(日航入社)
  昭和54年1月10日
(総飛行時間)
  3,541時間01分
(最近の救難訓練)
  昭和59年6月21日

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スチュワーデス 白拍子 由美子(25歳)

白拍子由美子STW

(日航入社)
  昭和56年11月24日
(総飛行時間)
  2,179時間44分
(最近の救難訓練)
  昭和60年6月25日

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スチュワーデス 大野 美紀子(26歳)

大野美紀子STW

(日航入社)
  昭和57年5月20日
(総飛行時間)
  1,610時間37分
(最近の救難訓練)
  昭和59年6月6日

大野さんは対馬さんと同じく最後尾で機内アナウンスを担当している。機体後部右側に座っていた乗客の小川哲さんが撮った機内の写真に写る客室乗務員は大野美紀子さんであると思われる。

客室後部の様子

機内

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スチュワーデス 大野 聖子(24歳)

大野聖子STW

(日航入社)
  昭和59年1月12日
(総飛行時間)
  549時間19分
(最近の救難訓練)
  昭和60年6月25日

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スチュワーデス 波多野 京子(24歳)

波多野京子STW

(日航入社)
  昭和59年6月19日
(総飛行時間)
  363時間41分
(最近の救難訓練)
  昭和59年12月27日

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

乗務員の方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

写真は財団法人・慰霊の園発行の『鎮魂のしおり』の『ご遺影』より
スポンサーサイト
123便を支えた乗務員||TOP↑
Category
Links


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。